COLUMNコラム

領収書や請求書の紙保管が不要に。
改正後の電子帳簿保存法を解説(2022年1月施行予定)

電子帳簿保存法とは?電子帳簿保存法は、端的に説明すると「紙文書の電子化を促進する法律」です。従来は会計帳簿や決算書などの紙書類は、最低でも7年間の保管が必要でした。2022年1月施行予定の電子帳簿保存法に対応すれば、相手先から入手した領収書や請求書を即時破棄することが可能になります。

TOP